節分で豆まき!

2月2日には、1年生が節分の豆まきをしました。本物の豆を撒くことはできないので、紙に自分の心の中から追い出したい鬼を書いて、それを丸めて豆に見立てました。密を避けるために体育館で広がり、手作りの鬼のお面をつけた友達に向けて、豆(丸めた紙)を撒きました。するとそこに、職員が扮した3人の鬼がやってきて、子どもたちを追いかけました。子どもたちはびっくり!逃げながらも大きな声で「鬼は外、福は内」と、鬼たちに豆を撒いていました。はじめは元気だった鬼たちも、子どもたちの力強い豆まきに押されて次第に弱っていき、最後は「まいった、降参だ」と逃げていきました。伝統行事を楽しみながら学ぶ、良い機会になりました。