月別アーカイブ: 2022年5月

みそ作り学習(5年生)

5月31日には、5年生がみそ作りの学習に取り組みました。一人ひとりが調理用のボールを持参したり、学校で準備したビニール手袋を使ったりして、感染の予防策を講じながら行いました。講師は例年お世話になっているJA女性部の方々です。みそをテーマにした歌を聴いたり、みそを作る手順を説明するVTRを見たりしてから、早速みそ作りに取り掛かりました。準備していただいた大豆をボールに入れ、麴や大豆の煮汁を混ぜながら手でこねていきました。根気と力のいる作業でしたが、子どもたちはめったに経験することができないみそ作りに、夢中になって取り組んでいました。それぞれに出来上がったみそ球は、涼しい場所に保管して、じっくりと発酵させます。おいしいみそができるといいですね。

研究出発の会(職員研修)

本年度、本校では「子どもたちが、自分の考えに自信をもって表現できる学習のあり方」をテーマに授業研究に取り組みます。そして、このテーマを実現させるために「授業改善チーム」と「体育科チーム」の二つに分かれて研究を進めていきます。5月30日には、本年度の研究をどのように進めていくのか、という方向を確認し、それぞれのチームがどのように授業を実践しながら、テーマを達成することができるのか、について検討する「研究出発の会」を行いました。「授業改善チーム」では、授業のスタート時点で本時のねらいや目的を児童が明確に意識できるようにし、授業のラストの時点で本時に学んだことを具体的に振り返ることで、テーマを実現しようと考えています。体育科チームでは、系統性のある指導を行い、子どもたちが自分で見つけた課題を解決する場を作って、タブレットを利用しながら追究することでテーマを達成しようとしています。子どもたちの学びをより豊かで確かなものにしていくために、職員一同、全力でがんばります!

外部講師による社会科授業(6年生)

5月30日には、喬木村歴史民俗資料館の宮下館長さんが6年生に社会科の授業をしてくださいました。宮下館長さんは、一昨年前から本校で何回か、社会科の授業を実施してくださっています。今回の授業は、縄文時代から弥生時代にかけての授業でした。子どもたちは、歴史について専門的な知識を持っている宮下先生の話に興味津々で、教科書だけでは学ぶことができない歴史的事実を学んでいました。歴史館から持参してくれた石器に触れながら、縄文時代や弥生時代の人々の暮らしについて話を聞いた子どもたちは、「村にこんな貴重な土器があるんだ」と驚いていました。普段何気なく生活している自分たちの住む郷里について、新しい発見をした子どもたちでした。

一部教科担任制の授業(3年生)

3年生では、1組の担任と2組の担任が、それぞれに教科を分担して、両方のクラスの授業を受け持つ、一部教科担任制に取り組んでいます。具体的には、1組の担任は体育、2組の担任は図画工作の授業について、1組と2組の両方を受け持って授業を行っています。このように、それぞれが教科を分担すると、自分が受け持つ教科の教材研究や授業準備がしっかりとでき、より充実した授業を行うことができます。また、両方のクラスの児童と関わることができるので、学年全体の様子を具体的に理解することができ、生徒指導に生かすことができるようになります。今は、一定期間に区切って実施していますが、期間を長くしたり、分担する教科を増やしたりして、より充実した指導ができるように取り組んでいきます。さらに、3年生だけでなく、他の学年でも試みていく予定です。

小中連絡会①(1年生参観)

5月27日には、第1回保小連絡会がありました。入学して約2ヵ月経った1年生の様子を、卒園した保育園や幼稚園の先生方に参観していただき、より良い成長のための情報交換を行いました。子どもたちは、懐かしい保育園・幼稚園の先生たちに会えることを楽しみにしており、朝から「先生たちはいつ来るの?」とウキウキしていました。見てもらったのは5時間目の国語の授業。いつも以上に張り切って発言したり、ノートに書いたり、教科書を読んだりして、参観に来てくれた先生たちに、がんばっている姿を見ていただきました。参観してくれた先生たちからは、「落ち着いて授業に集中している姿を見ることができてうれしかった」「張り切っている子どもたちの様子が見られてよかった」という感想が聞かれました。

第二小学校との交流(2年生)

喬木村には小学校が2校(第一小、第二小)あります。同じ村内の学校どうしで、同学年が交流したり、一緒に行事を行ったりしています。5月26日には、2年生が第二小学校の2年生と交流学習をしました。体育館に2年生が勢ぞろいして、お互いに知り合い仲良くなれるように、いろいろな活動に取り組みました。先生が叩いた手の数の人数で集まって座り、自己紹介をしたり、体育館をいくつかの陣地に分けて鬼に捕まらないように移動する陣取りゲームをしたりして、元気に楽しく交流しました。最初はお互いに恥ずかしがって、声をかけることがなかなかできない様子がありましたが、交流活動が進むにつれて、だんだんと気持ちがほぐれて、交流が終わることには一小と二小どちらの子どもか分からないほど混ざり合って仲良くなりました。これからも色々な活動で一緒になります。9月の遠足も二小の友達と一緒に行く予定です。よろしくお願いします。

サツマイモ植え(1・2年生)

5月25日には、1・2年生が合同で学校の畑にサツマイモの苗を植えました。学校の畑は用務員さんが丁寧に耕し、肥料を入れ、シートを被せて準備万端でした。子どもたちは、1年生と2年生がペアになって、畝に並んで一人一苗ずつ植えました。シートに穴をあけて、土に穴を掘って、斜めに苗を差し込むように植えていきました。やり方が分からなかったり、植え方が弱かったりする1年生がいると、ペアの2年生が「こうするといいよ」と声をかけて、手伝いながら一緒に植えている姿がありました。植えた後に、きざんだ藁をもってきて、「サツマイモが大きくなるためのお布団だよ」と言いながら、苗の周りに優しく敷きました。また、2年生は植えた苗に水をあげる役割だったので、ペットボトルに水を汲んできて、1年生と一緒にたっぷりと水をかけていました。大きく育ったら、焼き芋大会をする予定です。秋が来るのが楽しみですね。

ゴミ拾い活動(4年生)

4年生のクラスでは、SDGsの観点から中核活動を考えて、「身近な環境をきれいにしよう」という活動に取り組んでいます。5月24日には、その1回目の活動として、学校の近くにある運動公園周辺のゴミ拾いに出かけました。トングを持参したり、軍手をはめたりして、安全面に配慮しながら公園とその周辺に落ちているゴミを拾いました。子どもたちの中には、「今日は朝からゴミを拾いながら登校したよ」という姿もあり、子どもたちが意欲的に活動に取り組み、身近な環境を自分たちの力できれいにしていきたい、という願いを持っていることがうかがえました。予想以上にたくさんのゴミを拾い、「何気なく見ていると気づかないけど、よく見るとこんなにゴミがあるんだ」と驚いていました。また「駐車場の周りにたくさんのゴミがあるね」という発見をした子どもたちもおり、ただ単にゴミを拾うだけでなく、この活動を通して様々なことに気づくことができていました。今後は、拾ったごみの処分を進めながら、新しい課題を子どもたち自身が見つけて、その解決のために取り組んでいける活動につなげていく予定です。

 

田植え(5年生)

5月24日には、5年生が田植えを行いました。先週の代掻きの時には曇り空で気温が低かったのですが、この日は晴天に恵まれて、最高の田植え日和でした。田んぼ学習でいつもお世話になっているJAファームの皆さんから、田植えの方法や気をつけることを教わって、早速、はだしで田んぼに入りました。植えるための目安になる縄を張り、一列に並んで植えていきました。苗をどのくらい持って、田んぼの中にどのくらいの深さで植えればよいのか、試行錯誤しながら、一列ずつ丁寧に植えていきました。子どもたちは、作業が終わると、広い田んぼの中に自分たちが植えた苗が並んでいる様子を見て、「腰が痛くなって大変だったけど、頑張れたからうれしい」と話していました。おいしいお米に育つといいですね。

テープ走(3年生)

3年生は体育の授業で『テープ走』を行っています。2m、3m、4m、5mの長さの異なったテープをしっぽのようにくっつけて走ります。テープを地面に引きずらずに走り抜けることができたら、その長さに応じて得点がもらえるという、子どもたちの「がんばるぞ!!!」な気持ちがたくさんあふれる単元です。単元の始めには、テープが気になってしまい、後ろを振り向きながら走る姿や、ペンギンのようにうでを体に押し付けて走る姿がありました。しかし、時間を重ねるごとに「前を向く」「うでを鼻をパンチできるくらいに上げ、思いっきり後ろに引く」「足とうでのリズムを合わせる」などの『技』を身につけて、自分の目標とするテープを浮かせたり、さらに長いテープに挑戦したりする姿が見られるようになってきました。さらに、「テープ浮いてるよ!そのまま、そのまま!」「鼻パンチ!」「動画とる準備できたよ!走っていいよ!」など、明るい声掛けや、班で協力する姿が見られました。