月別アーカイブ: 2022年4月

1年生を迎える会

4月28日には、児童会が中心になって進める1年生を迎える会が行われました。感染を予防するため、体育館に全校が集まる方法を見直し、児童会の役員が用意したVTRをテレビで放送し、各教室でそれを視聴しながら参加するという方法で行いました。最初に役員が考えた「喬木第一小学校クイズ」で、1年生に学校のことを紹介しました。楽しいクイズに答えながら、1年生は学校について理解を深めていました。

次に、1年生が自己紹介をするVTRが流れて、全校が1年生を迎え入れて歓迎している雰囲気が高まりました。最後に、6年生から手作りのメダルを送られて、1年生たちはとても喜んでいました。

 

はるさがし(1年生)

1年生は、入学して約一ヵ月経ち、この日は校舎のまわりの春探しをしました。「中庭に行ってみよう!」と話すと「どうやって行くの?」「行きたい!」とワクワクどきどきしている子ども達でした。中庭の池には魚がたくさん泳いでいました。落ちないように気をつけながら恐る恐る橋を渡って魚を観察しました。「すごいはやい!」「赤い魚もいた!」とにこにこしながら話してくれました。「この花には蜜があるんだよ。」「これはこごみだよ。もっと小さいと食べれるんだよ。」など、教えてくれる子もいて、よく知っているなぁと感心しました。雨上がりだったからか、生き物は少なかったですが、バッタや小さな虫を見つけて捕まえている子もいました。

聴力検査

年度当初に、1・3・5年生が聴力検査を行いました。授業を受けるときに、しっかりと先生や友達の話が聞き取れているか、奇数学年の児童が、毎年この時期に検査をします。周りの音が気にならないように、放送室で検査をします。子どもたちは、口を閉じて、ヘッドホンから聞こえてくる音に集中して聞きとっていました。自分の順番を廊下で待っている子どもたちも、静かに落ち着いて待っていました。

今年初めての避難訓練

4月22日には、今年初めての避難訓練を行いました。火災が発生したという設定で火災ベルが鳴り響き、子ども達は緊張した面持ちで避難していました。「訓練、火災発生!」という放送が流れてから「全員避難完了しました!」と報告するまでの時間は4分以内。去年も訓練をしている2~6年生はもちろん、入学してからまだ一ヵ月も経っていない1年生でさえ、「おはしも」に気を付けて、先生の指示を黙って聞き、静かに素早く避難できました。いざという時のために、しっかりと訓練して自分の命を守っていきましょう。

家庭訪問が始まりました

4月20日から4日間、家庭訪問を実施しています。新型コロナウイルス感染予防のため、家には上がらず玄関先で5分間、お話をさせてもらっています。たったの5分間ですが、今年から担任になった職員と保護者が実際に出会って、直接会話する機会は、コロナ禍だからこそ重要だと思います。学校行事が精選され、保護者と直接行き会う機会が以前よりも減っている状況でも、学校と保護者がつながって、一緒に子どもたちを育んでいくために、5分間を有効に生かしていきたいと願っています。学校の職員は、普段着慣れないスーツに身を包んで気持ちを引き締め、児童と保護者の待つ各家庭へと出かけていきます。

金管バンド スタート!

4月20日から、今年度の金管バンドの活動が始まりました。活動スタートの今日は、部員たちが集まって、顔合わせをしました。子どもたちの中には、始まるのが待ち遠しくて、朝早くから学校に来て、他の部員たちを待っている姿がありました。今年度から新しくメンバーに加わった4年生が自己紹介をしてから、今年度の活動内容を確認しました。今日はまだ楽器に触っていませんが、明日から、新型コロナウイルス感染症防止の対策を十分に行いながら、練習を始めていきます。できる範囲ですがしっかりと練習して、校内の音楽会や村の文化祭、金管の発表会などで、練習の成果を発表できるようにがんばります。

籾まき(5年生)

4月19日には、5年生が籾まきの体験をしました。学校から少し離れたJAまで移動して、地域の方から指導を受けました。指導してくれたのはJA喬木の職員とグランドファームの皆さんです。今年もうるち米ともち米の両方を育てます。それぞれのお米の特徴を教えてもらい、籾まきを体験しました。子どもたちは、教えていただいた籾をまく時のコツを意識しながら、丁寧に作業に取り組みました。この籾がしっかり育って、田んぼに植えることができる苗になるのが楽しみです。5年生の田んぼ学習が、本格的にスタートしました!

リモート授業研修会

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リモートによる授業が必要になるかも知れません。そこで、リモート授業の方法を学ぶ職員研修を行いました。喬木村教育委員会に所属しているICT支援員さん(教育CIO補佐)と学校のICT教育担当職員が協力して、各クラスに配布されている授業用タブレットやIpadなどを使いながら、実際の授業さながらの研修を行いました。教室で担任が行っている授業の様子を映して、児童が持っているタブレットPCに映像を送るだけでなく、担任と児童が共有しているデータを使って情報をやりとりしたり、子ども達がオンライン上でグループになって情報を交換したり、意見を交わしたりする方法についても学びました。子どもたちが一人ひとり持っているタブレットPCを有効に活用して、「分かった、できた、楽しい」と実感できる授業を作っていくことができるように、がんばって研修しました。

地区児童会

4月15日のは、地区児童会がありました。ここ2年間は、コロナ対策として地区の行事を自粛したり、地区ごとにまとまって登下校することを避けたりしていたので、地区ごとに集まることがなく、地区児童会も実施しませんでした。しかし、新しく入学した一年生は、自分がどの地区に属していて、同じ地区にいる友達が誰なのか確認することが必要だと考えて、今年度は地区児童会を実施することにしました。地区ごとに分かれた一年生たちは、お兄さんお姉さんたちに囲まれて緊張気味でしたが、自己紹介ではしっかりと自分の名前を言って「よろしくお願いします」とあいさつをしていました。なかなか名前を言うことができず、困っている一年生がいると、6年生が隣に寄り添って名前を聞き出し、「こういうふうに言えばいいんだよ」と優しく教えている姿もありました。

発育測定・視力検査

4月13日から、今年度最初の発育測定と視力検査を行っています。保健室で身長と体重をはかり、視力の検査をします。子どもたちの健康状態を正確に把握して、毎日元気で健康に学校生活を送ることができるように、測定や検査を定期的に行います。特に年度当初は、この後、尿検査をしたり血液検査をしたり、虫歯や耳の聞こえ具合を調べたりする検査も予定しています。どのクラスの子供たちも、黙って養護教諭の指示を聞きながら、計測の手順を知り、指示に従って静かに保健室に入って測定したり検査を受けたりしていました。今年一年間で、身長がどのくらい伸びるのか、楽しみですね。